お知らせ

2018年1月
2018年1月08日

広島大学の角谷准教授の論文が掲載されました。

広島大学の角谷快彦准教授が行った、人々の金融リテラシーを高めることが老後の不安を軽減させるかについて米国のデータを用いて解析した論文が掲載されました。

Kadoya, Y., & Khan, M.S.R., Hamada, T., & Dominguez, A. (2018). Financial literacy and anxiety about life in old age: Evidence from the USA. Review of Economics of the Household. n.d.
詳細は⇒こちら